臨済宗大本山南禅寺 南院国師塔所 帰雲院

帰雲院 正門

永代供養(永代供養塔「ともし碑」について)

時代の流れ

この世に人として生を受けたこと、それはこの果てし無き宇宙の片隅で、「無限の縁の力」によって「生命の灯火」を受け継いだという、誠に「有ること難し」ことであり、そして必ず還すことになる「この命」の、地球への旅路の記念がお墓でございます。住職 青木隆文
「心静かに思いを廻らせる場所」で、様々なご事情で墓塔を建てられず、将来に不安をお持ちの方のために永代供養塔「ともし碑」を建立いたしました。

永代供養は、宗旨、宗派を問いません
帰雲院には先代の住職の時代から無縁という考えはありません。 そして宗旨、宗派に執われるべきでないのです。

仏教は一つ。どの宗旨の方も故人へのご家族の気持ちは同じであるとおもいます。お参りされる方には、この境内の静けさと安らぎの中で故人様を偲んでいただければと念願致します。


■永代供養「ともし碑」にご関心のある方は

南禅寺帰雲院永代供養受付センター 迄。

当方より電話による勧誘・ご案内は一切行っておりませんので、
ご希望者様からのご連絡、心よりお待ち申し上げます。

南禅寺帰雲院永代供養受付センター
永代供養塔 ともし碑

永代供養塔 ともし碑

永代供養塔 ともし碑
南院国師塔所 帰雲院 〒 6068435  京都府京都市左京区南禅寺福地町86−18

 

 

ホーム行事・ご案内帰雲院について永代供養アクセス

臨済宗大本山南禅寺 南院国師塔所 帰雲院